低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

人文科学

人文科学について

投稿日:2018年10月9日 更新日:

こんばんは。つーみなです。

低学歴でも公務員になれる方法、17回目の投稿です。

今日は人文科学について解説していきたいと思います。

人文科学の科目は以下のとおりです。

世界史、日本史、地理、思想、文芸

この5つで構成されています。

おそらく皆さん世界史と日本史は大学受験の時にどちらかを集中的に勉強したのではないでしょうか?

私は大学受験時に日本史を選択しましたが、あまり覚えていませんでした。

というか、日本史ってこんなに難しかったっけ?という印象を持ったので、公務員試験では世界史を重点的に勉強しました。

ただ1つ言えることは、どちらもできるようになれば鬼に金棒です。

何度も言いますが、公務員試験の合格するコツは苦手科目を極力作らないことです。

例えば、今日の試験では世界史がかなり易しくて、日本史が難しかったな~!ということはよくあることです。

どちらもできるようになっておけば、他の人に2,3点の差をつけることができます。

更に、世界史と日本史は他教科との関連があります。

世界史は政治学、行政学、国際関係、時事

日本史は選挙制度、経済

これらとリンクしてくる科目ですので2つともできれば有利になることだけは強く言っておきます。

ただ、世界史も日本史も暗記科目です。

どちらも膨大な量ですから正直ツライ部分があります。

両方は無理と感じたら1つでいいと思いますが、私は世界史を勧めます。

一応世界史と日本史の問題を載せておきますね。

18~19世紀の欧米に関する次の記述のうち,妥当なものの組合せはどれか。

ア. イギリスでは,産業革命による大量の原料や製品を輸送するために運河網が整備され,スティーヴンソンによる蒸気船の発明は,交通革命を引き起こした。
イ. アメリカでは,イギリス本国が植民地に対する課税を強化したことをきっかけに,13植民地の代表がワシントンに集まって大陸会議を開き,トマス=ペインによって起草された独立宣言を採択した。
ウ. フランス革命では,封建的特権の廃止はすべて有償で行われたため,農民の土地獲得は困難となり,そのため,革命を激化させた。
エ. 封建的圧制からの解放をかかげるナポレオンの征服により,プロイセンでは,シュタイン=ハルデンベルクらによるプロイセン改革が行われ,農奴解放が行われた。
オ. 19世紀の前半,自由主義とナショナリズムに目覚めたラテンアメリカでは,植民地生まれのクリオーリョ層を主体とする独立運動が相次いで起こった。
1. ア,イ
2. ア,オ
3. イ,エ
4. ウ,オ
5. エ,オ

正答:5
※実務教育出版ホームページ参照

第二次世界大戦後の日本に関する次の記述のうち,妥当なものはどれか。

1. 日本の無条件降伏を勧告するポツダム宣言にはソ連は入っておらず,このためアメリカとソ連とは対立し,その後の冷戦へとつながっていった。
2. 経済安定九原則の実施によって,日本の経済は急速に復興し始めたが,1950年に勃発した朝鮮戦争によって再び減速し,恐慌に陥った。
3. 日本は,1951年に48か国との間でサンフランシスコ平和条約を調印した結果,中華人民共和国との国交が回復し,LT貿易という政府間貿易が開始された。
4. 1992年のPKO(国連平和維持活動)協力法の成立によって,自衛隊の海外派遣が可能になり,カンボジアなどへの海外派遣が始まった。
5. 1993年,衆議院総選挙で自民党は過半数を割ったため,政権は非自民8党派による社会党の村山富市委員長を首班とする連立内閣が成立し,55年体制が崩壊した。

正答:4
※実務教育出版ホームページ参照

世界史や日本史についてはパターンをつかむということも重要です。

例えば、革命が起こる時はいつも民衆が不満を持っている時です。

フランス革命などがそうです。

一体、何が理由で民衆が不満を持ち、何がキッカケで革命が起きたのか、ということをセットで覚えておけば記憶が楽になります。

そろそろ長くなってきたので、今日はこの辺で終わろうと思います。

ありがとうございました。皆さんに良い転職がありますように☆

 

-人文科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人文科学について2

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、18回目の投稿です。 前回は、世界史と日本史について解説させていただきました。 今回は、まずは地理について解説していきたいと思います。 この地 …

人文科学について3

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、20回目の投稿です。 今日は人文科学の中でも思想、文芸について解説していきたいと思います。 この科目について、捨てるべきとの意見も他のホームペ …