低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

自然科学

自然科学について2

投稿日:2018年10月14日 更新日:

こんばんは、つーみなです。

低学歴でも公務員になれる方法、22回目の投稿になります。

今日は自然科学の続きを解説したいと思います。

まずは物理ですね。

【力と運動】:等加速度運動、ばね、剛体のつりあい、ニュートンの三法則
【運動量とエネルギー】:運動量と運動量保存則、エネルギーと力学的エネルギー保存則
【波動】:波の性質、基本公式
【電気】:電流と電圧と電気抵抗、クーロンの法則、直流回路
【原子】:原子の構造、放射線、単位系

これらの問題が出題されます。

特に物理に関しては【力と運動】が頻出されますので、最低限ここは抑えるようにしておきましょう。

それでは、例として問題を挙げてみますので、解いてみてください。

問題

風船におもりをつけて水面に置いたところ,風船は沈まずに水面近くに浮いた。そこで風船を手で押しながら水中に静かに沈めていき,ある深さまできたところで手を離すと,重力と浮力がちょうどつり合って風船は静止した。次にこれをさらに手で押しながら沈めていくと,風船の体積は( ア )し,手を離すと風船は( イ )しはじめた。その後,風船は( ウ )いった。

ア    イ         ウ
1. 増加  下降  速度を増しながら沈んで
2. 増加  上昇  速度を増しながら浮かんで
3. 減少  下降  一定の速度で沈んで
4. 減少  上昇  一定の速度で浮かんで
5. 減少  下降  速度を増しながら沈んで

解説

最初は風船が水面近くに浮いていたのだから,この時点では浮力と重力はつり合っている。その後,風船を水中に沈めていくと,初めのうちは風船が排除する水の体積が増加するので,アルキメデスの原理(※1)によって浮力が重力を上回る状態が続く。
しかし,風船が沈むにつれて水圧が大きくなり,ボイルの法則(※2)によって風船の体積は減少するので,浮力も小さくなりやがて重力とつり合うときがくる。この時点で手を離すと風船は水中に静止する。
さらに風船を沈めると,水圧がさらに大きくなるので風船の体積は減少し(ア),それに伴って浮力も小さくなり,重力が浮力を上回るようになる。その結果,手を離すと風船は下降していく(イ)。その後,風船が下降するにつれて水圧が増し浮力は減少していくので,重力(>浮力)の働きで風船は速度を増しながら沈んでいく(ウ)。
※1 アルキメデスの原理……流体中の物体は,それが排除している流体の重さに等しい大きさの浮力を受ける。
※2 ボイルの法則……温度が一定のとき,一定質量の気体の体積は圧力に反比例する。
よって,正答は5である。

正答:5
※実務教育出版ホームページ参照

解けましたでしょうか?

正直、この科目で私からアドバイスを送れることはほどんどありません。

ですが、へー。そういうもんなんだというワイドショー感覚で学ぶと楽しめる方もおられると思います。

アインシュタインの相対性理論とかけっこう好きな人多いですもんね。

もちろんそんな摩訶不思議な話ばかりではありませんが。

教科書をよく読んで、過去問を解く。

どうしてもわからない分野は文系であればしょうがないです。

私もいくつかありましたので、深入りするのはやめましょう。

そろそろ長くなってきたのでこの辺で終わりたいと思います。

ありがとうございました。皆さんに良い転職がありますように☆

-自然科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然科学について4

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、24回目の投稿になります。 今日も公務員試験の自然科学の続きです。生物を解説したいと思いますが、生物についてアドバイスを送れることはほとんどあ …

自然科学について3

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、23回目の投稿になります。 今回も公務員試験の自然科学の続きになります。 化学をやっていきましょう。化学の主題範囲は以下のとおりです。 【理論 …

自然科学について

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、21回目の投稿になります。 今回から自然科学について解説していきたいと思います。 自然科学は、数学、物理、化学、生物、地学で構成されます。 私 …

自然科学について5

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、25回目の投稿になります。 今日も公務員試験の自然科学の続きです。 今日は地学を解説したいと思うのですが、この科目も生物と同様でほとんど暗記科 …