低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

自然科学

自然科学について4

投稿日:2018年10月16日 更新日:

こんばんは、つーみなです。

低学歴でも公務員になれる方法、24回目の投稿になります。

今日も公務員試験の自然科学の続きです。生物を解説したいと思いますが、生物についてアドバイスを送れることはほとんどありません。

まずは、生物の出題範囲は以下のとおりです。

【細胞】:細胞小器官、動物細胞と植物細胞、体細胞分裂
【生殖/発生】:無性生殖と有性生殖、器官形成
【遺伝/DNA】:メンデルの遺伝法則、いろいろな遺伝、血液型、赤緑色覚以上、核酸、たんぱく質の合成
【代謝】:代謝と酵素、同化、異化
【動物の体】:神経細胞、脳のはたらき、自律神経、ホルモン、血液のはたらき、肝臓のはたらき、生体防御、走性、反射、刷込み
【植物の体】:オーキシンと光屈折、日照時間と花芽形成
【生態系】:食物連鎖と生態系、物質循環、個体群の相互作用

試験にもよりますが、大体2問くらいは出題されたかと思います。

基本的には暗記科目なので、文系の方でも割りと取りやすい科目なので必ず押さえたい科目という印象ですね。

それでは下記に問題を載せているので一度解いてみてください。

問題

五大栄養素に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1. タンパク質は成分元素として炭素、水素、酸素のほかに窒素とリンを含み、その構造は多数のアミノ酸がエステル結合によって結ばれた形になっている。
2. 炭水化物の成分元素は炭素、水素、酸素であり、水素と酸素は水と同じ割合で結合しており、ブドウ糖などの単糖類、果糖などの二糖類、デンプンなどの多糖類に分類される。
3. 脂質は単純脂質(脂肪)と複合脂質に分類されるが、複合脂質の中には、生体膜の成分として重要なリン脂質、ビタミンやホルモンとして働くステロイド、光合成の補助色素として働くカロテノイドなどがある。
4. 無機塩類の中でカリウムやカルシウムは動物の体液の浸透圧の調節、神経細胞の活動電位の発生において重要な役割を担っている。
5. ビタミンの多くは動物の体内では作ることができないので、欠乏するといろいろな病気(欠乏症)を発症する。たとえば、ビタミンCの欠乏は悪性貧血を、ビタミンDの欠乏はくる病を発症する。

解説

1. タンパク質は炭素、水素、酸素のほかに窒素とイオウを含み、多数のアミノ酸がペプチド結合によって結合した構造をしている。
2. 果糖(フルクトース)は単糖類である。二糖類にはショ糖(スクロース)、麦芽糖(マルトース)などがある。
3. 正しい。
4. 動物の体液の浸透圧の調節、神経細胞の活動電位の発生において重要な役割を担っているのは、カリウムとナトリウムである。
5. ビタミンCの欠乏症は悪性貧血ではなく壊血病である。

正答:3
※実務教育出版ホームページ参照

公務員試験の生物を勉強したことない人が解けないのは当然ですが、勉強すれば必ず身になる科目ですので、根気よく頑張りましょう。

私は自然科学の中では、学ぶのが楽しくて、得意としておりました。

文系の方には得意科目とするのにオススメしたいと思います。

それでは、本日も長くなってきましたので終わりたいと思います。

ありがとうございました。皆さんに良い転職がありますように☆

-自然科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然科学について

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、21回目の投稿になります。 今回から自然科学について解説していきたいと思います。 自然科学は、数学、物理、化学、生物、地学で構成されます。 私 …

自然科学について5

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、25回目の投稿になります。 今日も公務員試験の自然科学の続きです。 今日は地学を解説したいと思うのですが、この科目も生物と同様でほとんど暗記科 …

自然科学について2

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、22回目の投稿になります。 今日は自然科学の続きを解説したいと思います。 まずは物理ですね。 【力と運動】:等加速度運動、ばね、剛体のつりあい …

自然科学について3

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、23回目の投稿になります。 今回も公務員試験の自然科学の続きになります。 化学をやっていきましょう。化学の主題範囲は以下のとおりです。 【理論 …