低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

社会科学

社会科学について4

投稿日:

こんばんは、つーみなです。

低学歴でも公務員になれる方法、30回目の投稿になります。

今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。

今日もあくまで政治という分野ですが、国際関係や時事にも絡んでくる問題です。

公務員試験の傾向を知る上で、大事なところですので、丁寧に学びましょう。

問題

国際連合に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1. 総会では、加盟各国がその人口に応じた数の投票権を行使する。
2. 事務総長は、安全保障理事会の決定に対して拒否権を行使することができる。
3. 国際司法裁判所に紛争の解決を付託する場合、関係する両国の要請が必要とされる。
4. 国連難民高等弁務官事務所は、PKO(平和維持活動)を指揮する権限を持つ。
5. 国際社会で NGO(非政府機関)の果たす役割は大きくなっているが、NGO が総会などの会議に参加したことはない。

解説

1. 総会では加盟各国が平等に扱われ、各1票を行使する。
2. 拒否権は、安全保障理事会において常任理事国が行使するものである。すなわち、同理事会において、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国のうち1か国でも反対した案件は、そのまま廃案とされる。
3. 正しい。国際司法裁判所には強制管轄権がないため、裁判は関係各国が同意した場合にのみ開始される。国内裁判所の場合には、当事者の一方からの訴えによって裁判が開始されるため、この点で両者は大きく異なっている。
4. PKO を指揮するのは国連事務総長である。これに対して、国連難民高等弁務官事務所は難民の救済活動を担当している。
5. NGO は総会や経済社会理事会において発言を求められることも多く、大きな役割を果たしている。

正答:3
※実務教育出版ホームページ参照

解けましたでしょうか?

皆さんが察しているとおり、知っているか知っていないかで点が取れるかどうかが決まります。

このような知識が問われる問題は暗記していれば終わりの話なので、必ず落とさないようにしてください。

そろそろ皆さんも暗記をすることの苦しさというのを覚えてきているのではないでしょうか?

しかし、公務員試験というのは理論で解く問題もありますが、結局は暗記できるかどうかなのです。

ただし、前にも言ったかもしれませんが、記憶しようとするのではなく、理解しようとすることがコツです。

それでは、今回は終わりたいと思います。

次回も問題を出題したいと思いますのでお楽しみに。

ありがとうございました。皆さんに良い転職がありますように☆

-社会科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会科学について6

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、32回目の投稿になります。 今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げます。 社会科学としては最後の問題なので解いてみてくだ …

社会科学について5

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、31回目の投稿になります。 今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。 今日は経済から1問出題し …

社会科学について2

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、28回目の投稿になります。 今日は公務員試験における社会科学の各教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。 まずは政治から出題した …

社会科学について3

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、29回目の投稿になります。 今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。 今日も政治から1問出題し …

社会科学について

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、27回目の投稿になります。 今日から公務員試験の社会科学を解説していきたいと思います。 公務員試験において社会科学は実は専門試験の科目と重複し …