低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

公務員試験

公務員試験で使える4つのテクニック

投稿日:2018年11月3日 更新日:

こんばんは、つーみなです。

低学歴でも公務員になれる方法、34回目の投稿になります。

今回は公務員試験ですぐに活用できるテクニックを紹介したいと思います。

そしてこの話は私の経験則に基づいて語ることですので、実践するかしないかはあなた次第になります。

前述でも紹介している通り、公務員試験の勉強をしていて、ある一定のレベルに達すると受験生は学力というのは似たようなものになります。

そこであと1点、2点をとれるかどうかで合否が決まってくるのです。

それでは下記のとおり、テクニックをまとめてみましたので一つずつ確認していきましょう。

1.言い切りの肢は捨てる

~は絶対にない

~することはない

~必ずなる(ない)

というように、100%結論を言い切ったような肢はほぼ正解の肢ではありません。

世の中に絶対的に言えることなど滅多にないからです。

このような肢で正解であったことは、私の経験上ありません。

2.文章理解の解き方

必ず問題文を先に確認する。

すると、内容把握、要旨把握、文章整序、空欄補充の4つのパターンに分類されます。

ここで気をつけないといけないのは、内容把握と要旨把握です。

この2つは問題文がたったの一文しかないことが多いので、見落としがちなのです。

勝手に内容把握と思い込んで、問題文を読んでいなければ、肢を見た時に「あれ、正解がないぞ?」ということになります。

最悪の場合、そこでまちがった肢を選んでしまうことにもなりかねません。

ですので、まずは当たり前ですが、問題文をしっかり読む。

その後に文章を読むのではなく、5つの肢を確認します。

ここはざっと確認する程度でけっこうです。

これは、長い文章を全部読まなくても解ける場合があるからです。

順序をまとめると、

問題文⇒5つの肢⇒文章

ということになります。

3.時間のかかる問題は後回し

例えば、資料解釈などの問題がそれにあたります。

公務員試験は時間との勝負です。

なるべく時間のかかりそうな問題は後回しにして解ける問題から解く。

あるいは、得意な分野から着手して苦手な分野は後にするでも構いません。

1点でも多くとった者が勝ちなわけですから、どうすれば1点でも多く取れるかという戦略を持って試験に臨みましょう。

4.決め打ち

公務員試験に望んだ場合に、問題を解く時間がなくなってしまい、勘で肢を選択するということは少なくありません。

鉛筆や消しゴムに番号を書いてコロコロさせて肢を選ぶツワモノもいますが、それは私の経験上やめた方がいいです。

そしてなんとなくでコレが正解のような気がするという感じで選んだ回答はまちがっている場合が多いです。

おそらく公務員試験はそういう風にできているのでしょう。

そこで重要なテクニックを紹介します。

全くわからない問題が3~5問くらいあった場合。

思い切って全部、同じ数字を選びましょう。

つまり、これは確率の問題なんです。

例えば5問すべて2で答えたとしたら1問は正解してる可能性は決して低くはありません。

繰り返すようですが、あと1点2点が合否を分けます。

5問全て取りにいこうとするより、確実に1,2点を取りにいきましょう。

これを皆さんにお伝えするかをずっと迷ってきました。

長い目で見た時に自分のタメにならないテクニックだからです。

しかし、ボーダーラインにあと1点、2点が足りない。

そんな方に実践してほしいテクニックです。

そろそろ長くなってきたので、今日はこのへんで終わりたいと思います。

ありがとうございました。皆さんに良い転職がありますように☆

 

 

 

-公務員試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公務員試験の勉強方法

こんばんは。つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、もうかれこれ7回目の投稿になります。 頑張って毎日更新したいと思いますので、皆さんも頑張って見てくださいね。 さて、今日は本格的な勉強に入る前 …

専門試験について

「雨垂れ石を穿つ」 <意味>雨垂れであっても、長い年月の間には、石に穴をあけることができるように、微力であっても、根気よく続ければ大きな成果を得られることのたとえ。 こんばんは、つーみなです。 低学歴 …

公務員試験の種類について

こんばんは。つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、3回目の投稿になります。 さて、今日こそ公務員試験の具体的な話に移りたいと思います。 公務員といっても、受験できる種類は様々です。 ・国家公務 …

公務員の待遇&現状

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、26回目の投稿になります。 今日は勉強の話はひとまず置いといて、地方公務員の待遇面について話したいと思います。 この話を聞いてモチベーションが …

公務員試験のための準備

こんばんは。つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、5回目の投稿になります。 前回の続きです。 このブログを見られている方は、現在大学生であったり、社会人で転職に公務員を考えていたりと状況は様々 …