低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公務員予備校について

こんばんは。つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、9回目の投稿です。よろしくお願いします 「努力は必ず報われるという単純な理屈を信じなさい」 これは私が予備校に行っていたTACに通学していた時 …

公務員試験の勉強を始めたら

こんばんは。つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、8回目の投稿です。頑張ります。 今日は公務員の勉強を始めたらというタイトルです。 何回もこれまでのブログでも紹介している通り、公務員試験という …

専門試験について

「雨垂れ石を穿つ」 <意味>雨垂れであっても、長い年月の間には、石に穴をあけることができるように、微力であっても、根気よく続ければ大きな成果を得られることのたとえ。 こんばんは、つーみなです。 低学歴 …

教養試験の説明を振り返って

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、33回目の投稿になります。 さっそく専門試験の説明移ってもいいのですが、今回はちょっと振り返ってみましょう。 これまで私は公務員試験についての …

社会科学について

こんばんは、つーみなです。 低学歴でも公務員になれる方法、27回目の投稿になります。 今日から公務員試験の社会科学を解説していきたいと思います。 公務員試験において社会科学は実は専門試験の科目と重複し …