低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

行政法

<市役所上・中級 平成26年度 C日程>

行政法

行政指導に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 法律に根拠のある行政指導はその法律で規律されるので、行政手続法の対象となる行政指導は法律の根拠に基づかずに行われるものに限られる。

2 複数の者を対象とする行政指導を行う場合には、行政指導指針を定めなければならないが、これを定める際には意見公募手続きは必要でない。

3 行政指導を口頭で行う場合において、相手方から書面の交付を求められたときは、行政上特別の支障がない限り、これを交付しなければならない。

4 是正命令によらずに勧告という形で行政指導を行うことは、事実上の強制になるので許される場合はない。

5 行政指導は相手方の任意の協力を要請するものであるから、公権力の行使には該当せず、国家賠償請求訴訟の対象とはなりえない。

 

 

解答を見る

 

 

 

投稿日:2018年10月17日 更新日:

執筆者: