低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

憲法

<市役所上・中級 平成17年度 C日程>

憲法

基本的人権に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 表現の自由は自己実現の価値と自己統治の価値を有する非常に重要な権利であるから、公共の福祉による制限は受けない。

2 財産権の保障は、個人の財産権を保障するものであり、私有財産制度を保障しているものとまではいえない。

3 憲法の定める社会権の保障規定は、この規定を根拠として裁判所に訴訟を提起して主張することができる。

4 憲法の定める適正手続きの保障規定は刑事手続きを念頭に置いたものではあるが、行政手続きについても、そのすべてが当然に保障の枠外にあるとすることはできない。

5 憲法は迅速な裁判を受ける権利を保障するが、審理が著しく遅延したことにより、審理を打ち切ることはできない。

 

 

解答を見る

 

投稿日:2018年10月12日 更新日:

執筆者: