低学歴でも公務員になれる方法

某Fラン大出身の低学歴である現役の地方公務員が、これから公務員になろうという方へ就職・転職するにあたっての心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。また自分の仕事も紹介しながら、公務員という仕事というのはどういうものなのか?ということも紹介していきたいと思います。

民法

<市役所上・中級 平成24年度 A日程>

民法

未成年者Aが、その所有する不動産を、Aの法定代理人であるBの同意を得ずにCに売却した場合に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 Cに対してAが自ら行った追認が有効となるためには、Aが追認時に成年となっていることは必要でない。

2 Aが契約をした時から5年を経過した後は、行為能力の制限を理由に取り消すことができない。

3 Aは本件の契約を取り消すためには、Bの同意が必要であり、Aが単独で取り消すことはできない。

4 Aが本件の契約を取り消す場合、Cがすでに当該不動産をDに売却していた場合でも、AはCに対して取り消しの意思表示をしなければならない。

5 本件の契約が取り消された場合、Aは受け取った売却代金の全額をCに返還しなければならない。

 

解答を見る

 

 

 

 

投稿日:

執筆者: